投資成績

2019年1月 投資成績

投稿日:

本日で、2019年最初のひと月が終わってしまいました。
昨年末の大暴落から、少しは回復した結果となりましたが、まだまだピーク時にはとどいていないので引き続き堅調な推移を期待したいところです。

2019年1月の収益

今月の成績は498320円のプラスとなりました。
ただし、確定利益ではなく昨年末の暴落分の含み損が減少しただけの結果です。
なので全く儲かっているわけではないので、引き続きの上昇を期待したいところです。

ロードスターキャピタル

長いこと含み損状態が続いてきましたが、プラス域まであと少しのところまで来ました。
保有株数は2100株で変わっていませんが、一部をNISA枠での購入に切り替えております。
来週には決算発表がありますので、いい結果を期待して待ちたいところです。
昨年末に販売用不動産の売却に関するIRが続いたため、一定の利益は保証されています。
当該の利益が、来週発表される決算に含まれるのか、来期分として計上されているのかは不明ですが、
いずれにしろ来期の決算見込みが良くなる方向に働くはずなので、株価の上昇に期待できると思っています。

サイバーダイン

先日の記事でもサイバーダインの売却に触れましたが、リバウンドした本日でも含み損領域であるため、
売却して正解だったと思っています。
やはり、一時の暴落で手放したくなるような銘柄は、そもそも保有するべきではないということを肝に銘じて、今後の投資に活かしたいと思います。

パーク24

タイムズカーシェアリング事業の拡大を見込んで投資しているパーク24ですが、2019年10月期の成長減速発表により含み損状態が続いています。
しかし、カーシェアリングのサービスを使用している側からすると、毎月新しいカーシェアリング駐車場の開設や、増大についての情報が届くため、
順調な成長を続けていることが実感できています。
先行投資が来期以降、利益を拡大できることを見込んで保有株数を増やしたいと思っています。

昨日からサンバイオのストップ安が続いていますが、バイオ銘柄のように短期の上昇が見込まれる銘柄は、同じように短期の暴落可能性が高いことを示す良い見本になりました。
夢を追い求めるのではなく、確実な成長とその成長分が株価に表れていない銘柄の選定を心がけていきます。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-投資成績

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.