個別銘柄 投資方針

購入候補銘柄公開!時価総額に占める現金等の割合

投稿日:

本日は、私が現在購入を検討している銘柄について公開したいと思います。

割安銘柄の探し方

私の投資方針は以下の記事にまとめている通りですが、メインとなるのは成長銘柄への投資です。
投信方針まとめ⓵
投資方針まとめ⓶

基本的には、ここ5年間程度の1株益が順調に拡大している銘柄を保有候補として監視しています。
最近それに加えて注目しているのが、時価総額に対する現金等の占める割合です。

例えば、時価総額100億円に対して以下の2つの企業があったとします。
企業A 時価総額100億円 現金等 10億円
企業B 時価総額100億円 現金等 100億円

本業の成長率が同等だとすると、どちらの企業の株を購入したいと思うでしょうか。
もちろんいろいろな条件を検討する必要はありますが、企業Bの方が魅力的ではないでしょうか。
1単元が10万円だとすると、それと同等の現金の価値がついてくることになるので、
ある意味ではコスト0で、その企業の事業を所有できることになります。

投資対象の前提として、利益が伸びていて今後の事業拡大が見込まれる企業を対象にしているため、
事業拡大に必要な現金を多く所有していることは、今後の成長面でも有利に働くことになります。

このような観点で、注目している銘柄が以下の銘柄です。

保有検討銘柄

・丸八ホールディングス
 時価総額167億円に対し、現金等は150億円に達します。
 ここ最近の利益の伸びがいまいちな点が購入に踏み切りれない、迷いどころです。

・PAXXS
クラフト紙袋というニッチな分野で業界首位にたつ企業です。
工場の合理化や、アジア工場の人員増強により、順調な利益拡大が見込まれています。
時価総額87億に対し、現金等が57億あるため、購入を検討できる水準にあると考えています。

他にもいくつかの候補はありますが、割安な水準まで株価が下がるのをじっくりまってから購入をしていきたいと思います。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-個別銘柄, 投資方針
-, ,

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.