投資方針

投資対象銘柄の選定

投稿日:

今週末は3連休であったこともあり、新しい投資対象について調べる時間がありました。
ここ最近、保有数を減らして投資余力を増やしていたので、モチベーションが高いというのもありますが、
私が投資対象を選定する際に参考とする指標について記したいと思います。
ちなみに、SBI証券のスクリーニング機能を使って調べています。

PER

まず初めに考えるのが、PERです。
といっても足切りに使う程度のイメージで、これを重要視して投資することはありません。
PERはその企業の分野や、成長期か成熟期か等の要素によって、基準となる値が変わってくるからです。
その時の市場の動向にもよりますが、PER20~30程度までは、成長性の高い銘柄であれば許容してもよいのではないかと考えています。

ROE(自己資本利益率)

ROEは、自己資本に対してどれだけの利益をあげているかの指標です。
この数値は高いに越したことはないですが、ROEが高いからと言って、本業の稼ぐ力が高いとは限りませんので、あくまで参考値といった感じです。
こちらは、検索結果に引っかかる銘柄数を30程度に抑えるために使っていますので、検索するタイミングによって基準は変わりますが、50程度の値があれば十分ではないかと考えています。

今期経常利益変化率

やはり、利益が順調に増加していることが好ましいので、この値は重要になってきます。
今後大きく伸びていく分野の事業内容で、単純に規模を拡大し利益を増やしているタイミングの企業に投資したいと考えています。
値としては10%程度を基準にしています。

過去3年平均売上高変化率

こちらは、経常利益変化率と似ている部分がありますが、事業が拡大期にあることを確認するための指標です。
利益が大幅に拡大してなかったとしても、事業規模拡大のため先行投資を多く行っているのであれば、この指標が大きなものとなるはずです。

自己資本比率

こちらも参考程度の値ではありますが、財務の健全性を確認する指標として使っています。
財務が健全であれば、新しい分野にも積極的に投資できるという考えが前提にありますが、
真に拡大期にある企業は、金を借りて拡大のスピードを速くすることが基本ですので、必ずしも必要な条件とはしておりません。

以上を踏まえてピックアップされた銘柄を近いうちに購入していきたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-投資方針

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.