投資方針

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

投稿日:

3月も終わってしまいましたが、月間成績は別にまとめようと思います。
残念ながら月単位ではマイナスになってしまいました。
やはり、自分なりの投資スタンスが確立できていない気がしており、やり方を変えるべき時期に来ているかなと感じています。

スポンサーリンク

先日の記事でも書きましたが、一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学を読み終えました。
とても読みやすい本だったので、わずかな時間で読むことができています。
今後の投資スタンスの参考とするためにも、内容について感じたことをまとめておきたいと思います。

CISさんの投資スタンス

CISさんは本の中で、投資は金取ゲームだと書いていました。
お金を集めるゲームをしているだけで、とても面白さを感じながら投資をやっているそうです。
お金を儲けて、豊かな生活をしたい・何か高価なものを買いたいといったモチベーションではなく、単純にゲームを楽しんでいるというところが強みとなって大きな成果を上げているように感じました。
また、過去は割安銘柄を対象にしていたそうですが、数日後の株価も分からないのに、中長期的な株価の動きを予想できるわけがないという考えから、現在は短期的な投資スタンスとなっているようです。
この部分は、まさに自分自身が直面している課題だと思います。

私の投資スタンス

私の今の投資スタンスは、バフェットの投資スタンスから影響を受けた部分が大きいですが、バフェットは単純に経済的な指標を元に投資を行っていたのではなく、経営者自身と接触しその人となりを踏まえて投資をしていたことを考えると、その水準に自分の立場で達することは不可能かもしれません。

事実とは何か

CISさんにとって、間違いのない事実は、今現在の株価であると感じました。
株価という真実から、様々な情報を察知し、そこからひずみを探し出して、正常な値に戻る方向に賭けることで、ゲームに勝つという投資スタンスを確立しているのだと思います。
PERやROEといった投資指標を最重要視していた私としては、全く逆方向の考えではありますが、とてもシンプルで納得感がある考えだと思いました。
一方で、サラリーマンという立場を考えると、株価を常に追うことは難しく、どうやって自分なりのスタンスを確立するかが課題だといえます。

今後のスタンス

これまでは、割安成長銘柄を探して中長期で保有を続けるというスタンスで投資を行ってきましたが、どうもスタンスを変える時期に来ていると思います。
現在の私のスタンスとは、正反対にあるCISさんの本を読むことで、新たな視点が得られたと感じています。
引き続き、自分なりの投資方法について考えていきたいと思います。



Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-投資方針

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.