その他

夢のマイホーム購入!サラリーマンにとっての正解は?

投稿日:

本日は、サラリーマンの夢であるマイホーム購入についてです。

マイホーム購入は、多くのサラリーマンにとって一つの夢なのではないでしょうか。
私自身も、いつかはマイホームに住んでみたいなという漠然とした思いを描いています。
しかし、具体的な検討をするには至らず、それにむけた具体的な行動も何も起こしていないのが現状です。
案外そういった方は多いのではないでしょうか。
しかし、いつ突然家を購入する気になるかはわからないものです。
少しでも準備をしていくおくことは、いざという時のために必ず役立つのではないでしょうか。

ローンについて

マイホーム購入の際は、一般的なサラリーマンであればローンを組むことになると思います。
以下のサイトを参照すると、毎月の支払額とローン総額は以下のような金額になります。
参照サイト

毎月返済額   借入額
7万円     2280万円
8万円     2610万円
9万円     2940万円
10万円     3260万円
11万円     3590万円
12万円     3920万円
13万円     4240万円
14万円     4570万円
15万円     4900万円
※住宅ローン金利1.5%、35年返済、元利均等、ボーナス時加算なしの条件で試算。

賃貸とマイホーム購入の比較

現在賃貸に住んでいる方は、自分の家賃と比較してみると、同じ金額で購入可能な住宅価格の目安となります。
実際には、固定資産税がかかったり、住宅ローン減税が適用されたり、数十年後に水回りの回収費用が必要だったりと、同じ条件では比較できませんが。。

こうしてみると、現在と同じ家賃で購入可能な住宅価格は思った以上に低かったのではないかと思います。
私は現在、地方のとある政令指定都市に住んでいますが、家賃が約75000円ですので、
ローン総額では約2400万程度となります。
同じ都市で、2400万円で購入可能な物件を探すと現在の延床面積の1.6倍の広さの一軒家が購入可能でした。
立地面では、多少利便性が下がるものの、それ以上に住居としてはレベルがあがる結果となりました。

地方と首都圏の違い

上記考察は、土地代の比較的安い地方都市だからあてはまる結果であると考えられます。
土地代が飛躍的に高くなる首都圏では、同じ支払い月額で1.6倍もの広さの一軒家を購入することは不可能なはずです。
この関係から以下の2点が言えるのではないかと気づきました。
・地方都市では、賃貸住宅よりも購入住宅の方がコスパが良い
 =投資対象としては、空室リスクさえなければ賃貸不動産経営が魅力的
・首都圏では、土地の価格に左右される。住居としては賃貸住宅の方がコスパが良い
 =投資対象としては、土地価格の上昇が見込まれる地域を厳選すべき。

当たり前の内容に見えますが、地方と首都圏で少し考え方が変わりそうである点が、
私にとっては新たな発見になりました。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-その他

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.