個別銘柄 投資方針

RIZAP大幅高と新規銘柄購入

投稿日:

本日は、新規銘柄を購入してみました。
一方で、先週記事にしたライザップは10%近い上昇を示しています。

RIZAP第3四半期決算概要

 

スポンサーリンク

RIZAP高騰

昨日行われた社長会見にて伝えられた、M&Aの早期再開と来期の黒字化を好材料視された形で10%近い上昇を見せました。
失敗を糧によりよい経営を実現できる可能性もあるのかもしれませんが、今期の赤字の原因となったM&Aをこんなにも早く再開させることが吉と出るか凶と出るかはふたを開けてみないとわかりません。
先日の記事でも書いた通り、225円あたりまで下がってこない限りは、購入することはないと考えています。

Trenders(トレンダーズ)

本日購入した銘柄の1つ目はトレンダーズです。
こちらは、インスタグラムなどSNSインフルエンサーネットワークを活用する会社です。
また、ギフトECも手掛けており、順調に売上高を成長させ、収益化に成功しています。
TikTokに公式チャンネルを開設したりと、話題性には事欠かない分野だと思われますが、予想PERは18程度と十分割安な水準にあるといえます。
昨年は2000円以上に上昇し、今年にかけて底打ちしたと判断しての購入となりました。

オーケストラHD

続いて購入した銘柄は、デジタルマーケティングを主力事業とするオーケストラHDです。
一番の決め手は、インターネット広告市場や国内のクラウド市場といった、市場自体の拡大が今後も見込まれる分野をメインの事業としている点です。
これは、転職の思考法という本を読んだ際に、転職対象として選ぶべき条件の一つとして紹介されていました。
簡単に言うと、市場自体が伸び盛りであれば、企業自体が大したことなくても、順調に成長することができるといった話です。
1企業としても、順調に利益が拡大しており、またM&Aを進め人材の確保も順調になされているようなので、成長スピードのアップに期待が持てるのではないかと思います。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-個別銘柄, 投資方針

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.