投資方針

市場全体の暴落時にやってはいけないこと

投稿日:

明日からの日本市場は間違いなく大幅下落を食らう状態です。
米中貿易摩擦が表面化したためですが、そのような状態でやってはいけないことを、自分への戒めのために記しておきたいと思います。

スポンサーリンク

狼狽売

市場全体が下落していることに必要以上に狼狽し、保有銘柄を安易に売ってしまうことが最も避けるべきことだと思います。
特に、少しでも利益が出ている銘柄を利益確定することは良くありません。
肝に命じるべきことは、【市場の下落≠保有銘柄の下落】ではないということです。

もちろん市場の下落の原因が、個別銘柄に直結するものであれば、売却も必要ですが、しっかりと見極める必要があります。
今回で言えば、アメリカや中国の景気後退が業績に響くような企業は、株価が下がるかもしれませんが、日本国内を市場にしていればそれほど問題はないはずです。
逆に言えば、そういった銘柄がつられて大きく下落すれば、買いのチャンスということになります。

明日はどうなるか不安しかないですが、少しでもいい成績となりますよう。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-投資方針

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.