投資方針 老後生活

現在の投資対象【株、外貨、投資信託、ソーシャルレンディング】

投稿日:

本日もロードスターキャピタルは上昇しました。
この勢いのまま、今月を終え、2月の決算発表まで上り詰めてほしいものです。

今日は、現在行っている投資対象についてまとめてみました。
こうしてみると、色々なものに手を出しており、器用貧乏で終わらないようしっかりと取り組んでいきたいと思っています。

日本株

こちらが、投資を始めた当初から継続的に続けているメインとなります。
やはり、情報が入りやすく身近な事業内容の確認ができる日本株式は、サラリーマン投資家にとってはメインの投資対象になるのではないでしょうか。
私が始めた当時からこれまで、日本株式は順調な回復を続けていますが、そろそろピークとなりそうなことは各所で言われていますので、十分に注意が必要となります。

外貨

現在外貨として、ニュージーランドドルと南アフリカランドを保有しています。
こちらは、円安へ備えたリスク管理としての意味合いが強いのですが、ニュージーランドドルについては定期預金のキャンペーン金利につられ、含み損となってしまいまい、そのまま保有しているという側面もあります。
いくら金利が優遇されていても、円高方向に為替が変動すれば簡単にマイナスとなるので、外貨の定期預金などを考えている方は頭に入れておいたほうがいいと思います。
南アフリカランドについては、毎月の積立を行っており、長期の保有が前提です。

投資信託

こちらは安定性を重視した投資対象であり、世界経済に連動する低コストの投資信託を毎月1万円積み立てています。
毎月1万円は小額に感じる方も多いかもしれませんが、30年続ければ元本は360万円になり、利率次第では倍の700マン程度は十分射程圏内になるので、老後の確実な資金のために長期投資を行っています。

ソーシャルレンディング

こちらは最近よく登場するロードスターキャピタルのサービスとなります。
安定した5%程度の利回り実現の一つの手法として、また不動産投資に近い投資として始めた、新たな取り組みとなっています。
こちらについては、ロードスターキャピタルの事業内容や業績の参考とする要素もありますが、安定した投資対象として続けたいと思っているところです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-投資方針, 老後生活

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.