世界経済

米利下げ観測と不安な日本市場

更新日:

日経平均は本日も上昇しました。
更に、日経平均先物も現在のNYダウ上昇につられる形で21000円の節目にアタックする姿勢を示しています。

スポンサーリンク

アメリカ利下げ観測

本日発表された雇用統計の内容が、エコノミスト予想の18.5万増から、7.5万増と大幅に下回る結果となってしまいました。
これを受けて、NYダウは下落するかと思いきや、利下げの可能性が高まったとして上昇しています。
このあたりが株価の動向の難しいところで、実態は景気悪化の入り口に差し掛かっている一方で、株価は逆行して上昇してしまうのです。
かといって、景気が不況に突入するのであれば本日的価値からすると株価は下落する方向だと思うので、ここから大きくNYダウが上がっていくことはないと思っています。

一方で、日本市場にあたえる影響としては、金利差縮小による円高の進行=輸出企業の業績悪化=日経平均の下落というのが簡単なシナリオです。
皆が予想できるシナリオ賭けたとしても大きく儲けることはできないので、他のあり得そうで直ぐには日の目を見ないようなシナリオを考えていきたいと思います。

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-世界経済

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.