個別銘柄

保有銘柄 損益状況

投稿日:

本日は、保有銘柄の損益状況についてです。
前回は6月24日に公開してますので、2週間ぶりの公開となります。

この期間に、日経平均株価は以下のとおり変化しています。
6月22日終値:22516
7月6日 終値:21788

3%と少しだけ日経平均は下落していますが、個別銘柄はどのように変化しているか確認してみましょう。

リミックスポイント

まずは、保有数を400株から100株へと減らしていた、リミックスポイントです。
株価は前回から、1164→1080へと7%程度下落しています。
100株残した理由としては、株価指数的に割安なため、いつかは上昇するときがくると考えたからです。
ですが、仮想通貨の市況はどんどん悪くなっており、冷静に判断する必要があるため、
常に注意を払っていこうと思っています。

ライザップ

ライザップはについても、約6%下落しています。(1626→1534)
こちらは、長期保有を前提としているので短期的な株価はあまり気にしていません。
逆に、これからも下落が進むようであれば、保有数を増やすことも検討しています。
株主優待も他の記事で紹介していますが、魅力の多い銘柄です。
RIZAP株主優待

ベイカレント

こちらも長期保有を考えている銘柄ですが、10%以上下落しており(3960→3460)含み益が大きくに減少しています。
成長の前提がくずれない限りは心配無用ですが、天井での売却を実現したい場合は、毎回の決算内容に注意が必要です。

ヒノキヤグループ

新規で200株購入した銘柄です。
エコハウスを中心とした、今後の住宅市場に欠かすことのできない、環境負荷低減技術を有する企業です。
購入のきっかけは、上記事業内容+割安な株価にあります。
目標としてた購入価格で指値注文をしていたところ、たまたま引っかかってくれました。
少なくとも、適正水準まで上昇するまでは保有を継続する予定です。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る

-個別銘柄

Copyright© 豊かな老後のためのサラリーマン投資 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.